ソファの張替えは必要?メリットなどの関連情報を初心者にもわかりやすく紹介

当サイトではソファの張替えは必要なのか、という疑問を持っている人にも役立つ情報を解説しています。
メリットなどの関連情報も初心者にもわかりやすく紹介していているので、ぜひ参考にしてみてください。
一般的に布や革を張り直す修理をすると、どれくらいの値段がかかるのか分かりにくいかもしれません。
目安を知りたいときには参考になる可能性があります。
また修理をおすすめしたいケースにはどのようなものがあるのかも触れています。

ソファの張替えは必要?メリットなどの関連情報を初心者にもわかりやすく紹介

ソファの張替えについての関連情報を知りたい、という人は多いのではないでしょうか。
ソファは張り替えをすることで、愛用の家具を長く使い続けることができます。
自力でするのは難しいので、業者に依頼するのが一般的です。
またソファの張替えは一部分だけを行うこともできるほか、全体を直すといったこともできます。
座面は特に汚れや傷みが目立ちますので、場合によっては座面のみを直すといった選択肢を選ぶのも良いかもしれません。

潰れたクッションを交換するソファの張替え修理

ソファがヘタり座面のクッション性がなくなると、もう使えない、買い替えの時期だと考えるのではないでしょうか。
クッションが潰れてしまい座り心地が購入当時と大幅に変わってしまっても、ソファを蘇らせることは可能です。
それはクッション部分を張替える修理によるもので、中材を交換することで、新品同様の座り心地が蘇ります。
中材と一口にいっても様々ですが、一般的なウレタンフォームであれば、割りと手頃な修理費用でソファの張替えが実現します。
ウレタンフォームそのものはそれほど高くありませんし、繰り返しの圧力や空気中の湿気、汗などによる蒸れでクッション性が低下しますから、張替えはある意味で必須だといえます。
最初から交換を前提に設計されていない製品が殆どなので、張替えが容易になればソファの寿命は延びるはずですが、長く使えるとメーカーの売上が減ってしまうので難しいところです。
現実には業者に相談して修理をしてもらうか、DIYで自分で挑戦することになるのではないでしょうか。

ソファの張替え修理と買い替えはどちらがおすすめ?

ソファは素材と大きさにもよりますが、最低でも5万円以上はすることが多いです。
そのためソファが傷んできた場合、張替修理をするか買い替えをするかで悩みますが、どちらもメリットデメリットがあり、もともとの素材を考えながら選択しなくてはなりません。
張替え修理の場合、必要なものは生地とちょっとした道具のみで良いため比較的簡単にできるイメージがありますが、自分で行うと失敗するリスクがあり、業者に依頼すると高くつくことがあります。
クッション材そのものが傷んでいる場合はクッションも交換するため費用は高くなってしまい、決して安く済むわけではありません。
ですが修理はソファの形状が気に入っている場合は最高の方法であり、一つのものを丁寧に長く使うという考え方は今の世界の流れに沿うことになります。
一方の買い替えは3万円以下やひとり掛け用など比較的安価で小さめのソファの場合におすすめであり、新たに購入することになるため費用はかかりますが、気持ちを新たにすることができます。

ソファの張替え修理はDIYでもできる?

ソファは大きいサイズのことが多く、複雑な形状をしているものもあることから自分で修理できないと感じます。
ですがソファの張替えはDIYで行うことができ、コツをつかむことによって失敗することなく張替えをすることができます。
ソファの張替え修理で必要なものは、新しくしたい生地と針、タッカーなどであり、比較的少ない道具と材料で済みますが、ソファをひっくり返して行うため一人で行うのは難しく、複数人で行う必要がありますし、1日で作業は終わりません。
平均して徐々に行った場合は1週間、集中して行った場合は2日から3日ほどとなっており、ゆっくりじっくり行っていくのがポイントです。
さらにすべてのものがDIYできるわけではなく、本革でできているものは生地そのものが高価なため、失敗を避けるためにも安易に挑戦しない方が良いです。
布製または合皮製であると簡単にはぐことができますし、やり直しも比較的楽に行うことができます。

ソファのカバーだけを新しくしたいと考えている人にもぴったりの張替え修理

ソファは近年手に入りやすい価格で販売されるようになりましたが、それでも数万円はかかることが多く、高いものは百万円以上するものもあります。
一般家庭では高価な家具の部類に入るので、買い替えを行うケースは少ないです。
一般的なソファの場合、本革では10年ほどもちますが他の素材では5年ほどが寿命となります。
合皮では徐々にしわが目立つようになり、手入れをしないと剥がれ落ちてきますし、布は毛玉や色褪せが起こり、見た目が悪くなってしまいます。
このようになってしまったら買い替えを検討しますが、お気に入りである場合なかなか手放すことはできません。
ソファはそのままでカバーだけを変えたい場合は張替え修理を検討します。
張替え修理は業者に依頼をしても良いですが、自分で行うこともでき、1週間ほどで作業を終えることができます。
カバーを新しくすることで新品のようになるほか、部屋の雰囲気も変わるのでリフレッシュすることが可能です。